浜松で子どもをすくすく育てるためのQ&Aサイト

トップからだであそぼ

からだであそぼ

体幹やバランス感覚を育てる遊び

からだ全体を使った楽しいふれあい遊びは、パパにもおすすめ

からだ全体を使った遊び3選です。
向かい合わせで手を取り高くジャンプする「ロケット」、大人のからだをのぼる「お猿の木登り」、バスタオルに子どもを乗せてゆらゆらする「ハンモック」。目と目を合わせ、たくさんふれあうことで、親子のよい関係性が生まれます。

3歳頃から、踏ん張る力やクッション作用の役割を果たす土踏まずが発達し、体重をしっかり支えられるようになるので、自分のからだを自分で動かすことが上手になってきます。からだ全体を使って繰り返し遊ぶことで、体幹やバランス感覚が育ちます。

※子どもは本人が「楽しい!」と思える遊びで伸びていきます。嬉しそうにしているか、視線を合わせるかなど、様子をよく見ながら楽しみましょう。

ムービーをもっと見る