浜松で子どもをすくすく育てるためのQ&Aサイト

トップ悩みから探すからだ夏に多い感染症 ヘルパンギーナについて教えて

夏に多い感染症 ヘルパンギーナについて教えて

ヘルパンギーナについて教えてください。

飛沫感染や接触感染でウイルスに感染

ヘルパンギーナは、6月頃から夏季にかけて流行する、乳幼児に多い感染症です。主に「コクサッキーウイルスA群」が原因です。ウイルスの型がいくつかあるので、何度もかかってしまうことも珍しくありません。まれに大人でも発症します。
くしゃみなどの際に出る飛沫によって感染する「飛沫感染」と、唾液や鼻水がついたおもちゃの貸し借りなど、手が触れることで感染する「接触感染」が主な感染経路です。

脱水症状に注意し、刺激の少ないものを飲食して

回復後も口から1~2週間、便から2~4週間にわたってウイルスが排出されるので、家族の感染防止のために手洗い・手指消毒が必要です。
潜伏期間は2~6日。突然39℃以上の熱が出て、1~3日続くと同時に、のどが赤く腫れて小さな水ぶくれがたくさんできます。水ぶくれは2~3日でつぶれて黄色いただれになります。その際、のどの痛みを伴うため、食べ物や飲み物を飲み込みにくくなりますので、脱水症状にならないよう注意が必要です。

ヘルパンギーナに対する特効薬はありませんが、症状を緩和するために解熱鎮痛薬や口内炎に対して粘膜保護剤の軟膏などが処方されることがあります。のどの痛みがあるため、オレンジジュースのような刺激のある飲み物は避け、のどごしのよい冷たい飲み物(麦茶や牛乳、冷めたスープなど)や噛まずに飲み込める刺激の少ない食べ物(ゼリーやプリン、冷めたおじや、豆腐など)を与えましょう。個人差はありますが、約5日程度で治ることが多いです。

夏風邪の一種ですが、ワクチンがないので手洗い・うがいで予防しましょう。

 

カテゴリー