浜松で子どもをすくすく育てるためのQ&Aサイト

トップ悩みから探す生活授乳後、ゲップを出さなくても大丈夫?

授乳後、ゲップを出さなくても大丈夫?

授乳後なかなかゲップが出ません。どうしたらいいですか。

母乳ならゲップが出なくても心配ない

「授乳後はゲップをさせましょう」と指導されますよね。これは、余分な空気がお腹に溜まってしまうことを防ぐための指導です。
母乳やミルクをまだ上手く飲めない赤ちゃんは、母乳やミルクと一緒に空気を飲み込んでしまいます。赤ちゃんのお腹に空気が溜まると、お腹が張って苦しいだけではなく、飲んだ母乳やミルクをはき戻してしまうことがあるため、吸い込んだ余分な空気を出してあげることが必要です。

哺乳瓶は、空気が入らないとミルクが出てこない構造になっているので、母乳の授乳より空気を飲み込みやすく「ゲフッ」とゲップが出ることが多いです。

一方、母乳の授乳は、哺乳瓶での授乳に比べ赤ちゃんの唇との密着度が高いため、空気を吸い込みにくく、わかりやすいゲップが出ないこともあるので、あまり心配しなくても大丈夫です。

ただ、赤ちゃんの胃は、大人の袋状の胃と異なり、とっくりのような形状で機能も未熟です。一度にたくさん飲んだり、なんらかの刺激があったりすると吐きやすいため、授乳直後は、赤ちゃんのサポートをしてあげましょう。

空気の出やすい自然な姿勢にしてみよう

排気される空気がある時は、首をしっかり支えながら座らせるイメージで上体を起こすように抱くだけでも自然にゲップは出ます。また、吐き戻しも少ないようです。
時々、赤ちゃんをお母さんの肩に担ぐようにして背中をパンパン叩くようにする方がいますが、ゲップを出すための手段にはならないのでやめましょう。

ゲップの出やすい、たて抱きの姿勢に近い抱っこをしてみよう!

授乳後に寝かせる場合も、少し上体をあげて寝かせてあげたり、バスタオル等で身体を支えてやや横向きに寝かせてあげると、もし吐いてしまってものどにつまらせることを防げます。

また、ゲップの代わりに「おなら」や「しゃっくり」でお腹に溜まった空気を出すこともあるので、授乳後のゲップにこだわる必要はありません。赤ちゃんの機嫌がいい、お腹の張りがそれほどでもない、体重増加が順調などの場合は心配しなくてよいでしょう。

助産師や保健師が生後4か月までの赤ちゃんの家庭に来てアドバイスしてくれる「こんにちは赤ちゃん訪問」を利用してみましょう。

 

カテゴリー