浜松で子どもをすくすく育てるためのQ&Aサイト

トップ悩みから探すからだ定期予防接種は全部接種しないといけないの?

定期予防接種は全部接種しないといけないの?

定期の予防接種は種類も回数もたくさんありますが、全部接種しないといけませんか?

予防接種は病気予防のために

赤ちゃんはお母さんのお腹の中にいる時に抵抗力(免疫)を分けてもらって生まれてきますが、生まれて6か月くらいの間に徐々に失われてしまいます。
赤ちゃんが自分のからだの中で免疫を作って、病気を予防するためにも予防接種を受けましょう。

医療機関と相談してしっかり接種しよう

予防接種は、感染症にかかりやすい時期、かかった場合に重症化しやすい年齢などを考慮して接種する種類や推奨時期が細かく定められています。
また、なるべくたくさんの人に予防接種を受けてもらうことで、感染症が伝染し大流行してしまうのを防ぐという、重要な役割もあります。せっかく予防接種があっても、接種しなければ予防はできません。

「出生届」提出時にもらう『予防接種と子どもの健康』という冊子に、予防接種の対象となる病気について詳しく書かれていますので、予防接種を受ける前に読んでおくようにしましょう。

スケジュールのたて方

母子健康手帳には予防接種の標準的な接種スケジュールが載っています。

初めての接種を受けると、次に受ける予防接種の種類や、接種時期などについて医療機関で相談にのってくれることが多いようです。
予防接種の種類や回数が多いため、2種類以上の予防接種を同時に接種する「同時接種」を勧める医師もいます。同時接種のメリットとしては、接種忘れが減ったり、何度も医療機関に行く必要がなくなるなど、赤ちゃんや保護者への負担軽減があります。
同時接種によってそれぞれの予防接種に影響が出たり、副反応の頻度があがることはないとされていますので、医師とよく相談してスケジュールを立てましょう。

赤ちゃんの体調が良い時に接種することが前提ですが、もし体調を崩してスケジュールが当初から変わってしまっても、途中で接種をやめてしまうと病気を予防するのに必要な免疫が十分つかない、ということになってしまいます。多少ずれても、医師と相談しながら必要な回数だけ受けることが大切です。

浜松市での予防接種の受け方・持ち物

浜松市でのすべての予防接種は、医療機関で受ける「個別接種」の方式で行われており、家庭への個別通知はありません。
接種前の体調確認のための予診票は医療機関にあります。接種の際は、医療機関にお問い合わせのうえ、母子健康手帳と、住所等が確認できるもの(健康保険証等)を忘れず持参し予防接種を受けてください。

感染症が心配な保護者の方へ

感染症が気になる保護者の中には、医療機関に行くのをためらう方がいるかもしれませんが、医療機関では、一般の受診時間と予防接種や健診の時間を分けるなど、院内感染防止に努めています。

早めに計画を立てて、スケジュールに余裕をもって予防接種を進めていきましょう。

カテゴリー