浜松で子どもをすくすく育てるためのQ&Aサイト

トップ悩みから探す生活あせもの予防はどうする?

あせもの予防はどうする?

あせもを予防するにはどうしたらいいですか?

赤ちゃんは汗をかきやすく、量が多い

あせもは、汗腺が詰まって肌に炎症が起こってできたものです。
汗が皮膚の中にたまり、汗の出口(汗腺)をふさいでしまうことが原因です。汗をたくさんかく夏場や、体をたくさん動かした時、熱が出た時、厚着をさせすぎた時などになりやすいです。 

赤ちゃんは、小さな体の表面積に大人と同じ数の汗腺があるため、体の大きさに対して汗の量が多くなります。よって、赤ちゃんはとても汗をかきやすく、新陳代謝も活発です。しかし、赤ちゃんはまだ汗腺の出口がきちんと開いていないので、汗がたまりやすく、あせもができやすいのです。

あせもができやすい箇所は、脇の下、ひじの内側やひざの裏側など皮膚がこすれ合う部分です。特に赤ちゃんは後頭部や背中、首筋、おむつのウエスト部分などにもできやすいので、注意して観察しましょう。

こまめに着替え、必要に応じてエアコンを使おう

あせもの予防としては、次のようなポイントに気をつけてケアしましょう。

  • 汗をかいたら、こまめな着替えやシャワーで皮膚を清潔に保つように心がけましょう。入浴時は、石けんをよく泡だてて手でやさしく洗いましょう。
  • シャワーや入浴で汗を流した後のタイミングに、忘れず保湿してあげましょう。
  • 吸湿性、通気性がよく、肌あたりのよい綿素材やガーゼ生地等の衣類を選びましょう。
  • 赤ちゃんに直接、エアコンからの風をあてないように配慮しつつ、エアコンの風量設定やドライ機能などを上手く使って、暑すぎる室内環境を作らないようにしましょう。(快適な室温:夏場は26~28℃、冬場は20~23℃)
  • 掻いてしまってもキズができにくいように、爪は短く切っておきましょう。

かゆみを伴うあせもでは、掻きむしってしまい悪化することもあります。なかなか治らない場合には、かかりつけ医の小児科または皮膚科を受診しましょう。

赤ちゃんはまだ体温調節機能が発達していないため、様子を時々チェックすることが大切ですね。赤ちゃんのスキンケアも忘れずに!

 

カテゴリー