浜松で子どもをすくすく育てるためのQ&Aサイト

トップ悩みから探す親の悩みパパでもできる赤ちゃんのお世話はどんなこと?

パパでもできる赤ちゃんのお世話はどんなこと?

もうすぐ赤ちゃんが産まれ、パパになります。赤ちゃんが産まれた後、パパができる赤ちゃんのお世話は、どんなことがありますか。

赤ちゃんのお世話は、親子の信頼関係を築く最初の一歩

パパが赤ちゃんに関心をもって愛情を示すことで、赤ちゃんはパパを信頼し、かけがえのない親子の絆を育む第一歩となります。

授乳以外はできる!積極的にやってみよう

母乳での授乳はママにしかできませんが、その他の赤ちゃんのお世話は、ママでなくてもできます。「ママの方が上手だから…」と、パパはママの補助的なお世話になりがちですが、ママも初めから上手なわけではありません。毎日のほとんどの時間を、赤ちゃんのために使うことで自然と身についてくるのです。

例えば、赤ちゃんの抱っこ、沐浴、おむつ替え等、赤ちゃんのお世話はたくさんあります。パパの大きな腕に抱かれ、部屋の中をゆったりと歩いたり、抱っこしながらスクワットしたりするのも、赤ちゃんは大好きです。少しずつでも赤ちゃんと触れ合う時間を増やし、赤ちゃんと一緒の生活に慣れていきましょう。
その他にも、服を洗う、気持ちよく過ごすために部屋を掃除するなど、赤ちゃんにとって間接的なお世話もあります。

そして、いろいろなお世話を通して赤ちゃんやママと関わり、子育ての楽しさや面白さを家族で感じてください。

慣れるまでは「大丈夫かな?」と不安に感じると思いますが、それはママも同じです。不安な気持ちも二人で共有できると、どうすればいいのかを話し合ったり、相談し合ったりもできますね。

具体的なお世話の方法や、赤ちゃんのいる生活などを知りたい場合は、行政が実施している妊婦支援事業や、医療機関での妊婦学級や両親学級に参加してみるのもいいですね。

初めての子育ての場合は、パパもママも親として新米です。パパとしては赤ちゃんに会えるまで実感はないかもしれませんが、できれば妊娠中から、自分に何ができるのか、いつ、どのようにやるのが良いのか考えておきましょう。

カテゴリー