浜松で子どもをすくすく育てるためのQ&Aサイト

トップ悩みから探すからだ赤ちゃんの虫刺されがひどくなったら?

赤ちゃんの虫刺されがひどくなったら?

子どもが蚊に刺され、腫れてしまいました。どうすればいいですか。

虫刺されの症状は個人差がある

気候がよくなり、戸外へのおでかけや遊びが多くなる季節ですね。虫刺されの症状には個人差があり、刺された部分が赤く腫れたり、水ぶくれになったり、かゆみや痛みがあったりすることがあります。

これらは、一種のアレルギー反応で、特に赤ちゃんは抗体をもっていないため、蚊のような一般的な虫に刺されただけでも症状が悪化してしまうことがあります。刺されたところを掻きむしって細菌が感染し、とびひになってしまうと大変です。早めに適切な手当をしましょう。

患部を洗ってから市販薬、ひどい場合は皮膚科を受診

蚊などに刺されたら、患部を急いで石けんで洗います。その後、患部を清潔にしてから、かゆみ止めなどの薬をつけましょう。市販のかゆみ止めで大概良くなりますが、赤みやかゆみが強い場合は、小児科もしくは皮膚科を受診しましょう。

毒蛾や毛虫を触った場合も流水でよく洗い流し、腫れがひどい場合は、小児科もしくは皮膚科を受診しましょう。

また、刺された部分を掻きむしり、細菌が感染することがないよう、普段からお子さんや保護者の爪は短く切り、手をこまめに洗って清潔を保ちましょう。

たかが虫刺されと軽く考えてはいけません。掻きむしってとびひになると、人にうつす場合がありますので、登園やお出かけは、園や医師に相談してください。

カテゴリー