浜松で子どもをすくすく育てるためのQ&Aサイト

トップ悩みから探すからだ頬が乾燥して真っ赤になる

頬が乾燥して真っ赤になる

頬が乾燥して真っ赤になってしまいました。どうしたらいいですか。

赤ちゃんの肌は水分保持機能が弱いです

赤ちゃんの肌は、大人の肌の半分の厚みしかないため、水分を肌に保持する機能が弱いです。そのため乾燥しやすく、肌荒れが起こります。

生後2~3か月頃の赤ちゃんは皮脂の分泌が多いのですが、生後4か月以降になると次第に皮脂の分泌が少なくなり、特に頬やあご、胸などは乾燥しやすくなります。

水分を失った肌は、少しの刺激でも影響を受けやすくなるので、顔についた汚れを拭いたり、赤ちゃんが自分の手で顔をこすったりするだけでも簡単に傷ついてしまい、赤くなったり、ひどい場合は肌の表面がひび割れてしまったりすることがあります。

冬は特に、外気や空調等でより乾燥する状況になるので、適切なスキンケアをすることで、肌の乾燥を予防し、肌が傷つくことから守りましょう。

清潔と保湿を基本に、肌に合ったスキンケアを

スキンケアの基本は、清潔と保湿です。

清潔にする

赤ちゃんの肌に必要な脂分まで落としてしまわないよう、顔や体を洗う洗浄料は、弱酸性・低刺激のものを選びましょう。またお風呂のお湯の温度は、肌が乾燥しやすい状態になるので、夏場は38~39度、冬は40℃までにしましょう。

保湿する

お風呂上がりには、全身の皮膚に保湿剤を塗ってあげましょう。乾燥しやすい顔などの部分は、乾燥に気づいた時や、よだれ等の汚れを拭いた後などにも塗りましょう。

保湿剤は様々ありますが、肌の状態に合わせて使い分けましょう。

  • 軟膏
    保湿性が高く低刺激なので、特に乾燥している時に使えます。しかし、べたつくため、洗い流しにくいことがあります。
  • クリーム
    べたつきが少なく、洗い流しやすいです。
  • ローション
    薄く広げて塗りやすく、広範囲に使いやすいです。

製品にもよりますが、保湿剤の保湿力は、軟膏>クリーム>ローションの順に高い傾向にあります。赤ちゃんの肌の様子を観察し、適したものを選んで保湿をしてみましょう。清潔・保湿の基本ケアを行っても肌の状態が改善しない場合は、小児科や皮膚科へ相談しましょう。

赤ちゃんの肌が荒れた時、様子を見てよいものなのか、病院に行った方がよいのか迷うところですね。そんな時は、「親子すこやか相談」などの相談窓口を気軽に利用してみませんか?保健師さんに相談ができます。

カテゴリー