浜松で子どもをすくすく育てるためのQ&Aサイト

トップ悩みから探すからだインフルエンザの予防接種は受けたほうがいい?

インフルエンザの予防接種は受けたほうがいい?

1歳児です。インフルエンザの予防接種を受けさせた方がよいですか?

予防接種で重症化を防ぐことができます

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気で、38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身のだるさなどの症状が急速に現れるのが特徴です。子どもではまれに、急性脳症など重症になることがあります。

インフルエンザは流行性があり、流行が始まると短期間に多くの人へ感染が拡がります。日本では、例年12~4月頃に流行します。インフルエンザ予防接種を受けることで、感染しても発症する可能性を低くしたり、重症化を予防したりすることがわかっています。

生活環境等を考慮し、医師と相談して決めましょう

インフルエンザの予防接種は、生後6か月を過ぎれば、受けることができます。保育園など、集団で過ごすことが多かったり、きょうだいが幼稚園・保育園などに通っていたりすると、感染しやすい状況になります。生活環境等も考慮し、かかりつけの医師と相談の上、予防接種をするかどうかを決めましょう。

予防接種の方法

  • 生後6か月以上13歳未満の子どもは、1回では十分な免疫が得られないため、2~4週間の間をあけてワクチンを2回接種します。より免疫効果を高めるためには、3~4週間隔で接種することが最適です。
  • 体内で抗体ができ、予防効果が期待できるようになるには、接種してから2、3週間かかります。通常、インフルエンザの流行時期は、12月末~3月頃ですので、遅くとも12月中旬までに接種を完了させることが大切です。
    例年10月初めに、そのシーズンのワクチンが接種できるようになりますので、10月と11月に1回ずつ、あるいは11月初めと末に1回ずつの接種を受けておくとよいでしょう。
  • 予防接種は予約が必要な場合もありますので、かかりつけの小児科等に確認してみましょう。

予防のためにできる対策

子どもをインフルエンザから守るためには、予防接種の他にも家族や周囲の大人たちが手洗いや咳エチケットを徹底する、流行時期は人が多く集まる場所に行かないようにするなどを心がけ、子どもがインフルエンザウイルスに触れる機会をできるだけ減らす工夫も必要です。

参考文献 35

乳幼児期に無料で受けられる定期予防接種がたくさんあり、任意の予防接種(インフルエンザやロタウイルス、おたふくかぜ等)をどこまで受けさせるか悩んでいるパパ・ママは多いようです。悩んだら、かかりつけ医に相談しましょう。

カテゴリー