浜松で子どもをすくすく育てるためのQ&Aサイト

トップよくある質問記事喃語や、大人が理解できない言葉が混じる

喃語や、大人が理解できない言葉が混じる

1歳10か月で、少しずつ単語を話すようになりました。しかし、まだ喃語(アウアウ、バーー)のような、大人が理解できない言葉も話します。どう対応すればいいですか。

言葉の発達は個人差が大きいです

言葉の発達は、大きく「理解(聞く、読む)」と「表出(話す、書く)」に分けられます。

理解の発達の目安は、1歳で二語文(「ゴミを捨てて」等)、2歳で三語文(「パパにボール渡して」等)の理解ができるか、などです。表出の発達目安は、1歳で単語、2歳で二語文が出ているかなどで概ねの発達を判断します。

しかし、これは平均の話で、言葉の発達は個人差が大きいです。子どもは、様々な楽しい体験を通して言葉が発達していきます。

言葉をやりとりして「伝わる喜び」に導こう

コミュニケーション手段の一つである言葉の育ちは、相手に伝わる喜びを知ることで次の発語につながります。お子さんの気持ちや行動をパパやママから「楽しいね」とか「うれしいね」、「すごいね」といった言葉で表現してみましょう。

お子さんがよく分からない喃語を発声したときは、こういうことが言いたかったのだろうと想像して、ゆっくり、ていねいに、分かりやすく、短い言葉で話しかけてみるといいですね。

言葉の習得には、次の4つの力が必要です。

  1. 聞こえる
  2. 人への興味がある
  3. 理解ができる
  4. 声を出せる(真似できる)

耳の聞こえや発声など、からだの機能面で心配がある場合は、早めに耳鼻科や小児科に相談しましょう。

また、人への興味が感じられない、言葉を理解していない様子が見られる場合は、お子さんの体験していることや行動を真似しながら「言語化(実況中継)」したり、絵本の読み聞かせをしたりしてみましょう。好きなことや興味のあることから言葉を広げていくといいですよ。
それでも心配が続く場合は、お住まいの区の健康づくり課の保健師やかかりつけの小児科医に相談しましょう。

参考文献 33

月齢の近い子どもと発達について比べると、ことばに限らず個人差が大きいことに気づくことでしょう。一喜一憂する前に、専門家に相談してみましょう。また、幼児になれば浜松市による「幼児ことばの教室」などのサポートもあります。浜松市では年齢ごとにさまざまなサポート体制が続いていくので、子どもの成長に寄り添って対応していくといいですね。

カテゴリー