浜松で子どもをすくすく育てるためのQ&Aサイト

トップ悩みから探すコミュニケーション園では、親と離れられない

園では、親と離れられない

家では一人で遊んでいることが多いのに、園では、なかなか親と離れることができません。どうしたらいいでしょうか。

慣れない場所や人に対する不安があります

3歳頃になると、少しの間ならば、親と多少離れても大丈夫になっていきますが、長時間になるとまだまだ不安は大きいです。特に子どもにとって慣れない場所や人の中では、なおさら不安です。慣れるまでの間、親子で焦らず、ゆっくりと見守りましょう。

まずはパパ・ママが園の先生と仲良くなりましょう

登園後は園の先生にお任せして、親は子どもから離れるようにしましょう。しかし、離れ際に子どもが離れなかったり泣いたりすると、親も不安になってしまいますよね。どうしても不安な時は、園の先生にお願いして、子どもから親が見えない所で、様子を見守らせてもらいましょう。

また、親が園の先生を頼ることで、子どもも園の先生を信頼し、安心して園の生活に入っていけるようになります。その第一歩として、園の先生に子どものことをたくさん教えてあげてください。先生たちも子どもたちと早く仲良くなりたいと思っています。親に教えてもらったことをきっかけにし、子どもと一緒に遊んだり、話したりする機会をたくさん作ることができます。そして、親も園の先生に子どものことをたくさん教えてもらいましょう。子どもが園で頑張っている姿や、外で見せる意外な姿の発見などができるかもしれませんよ。

「パパ・ママと園の先生が仲良くなろう!」
親と園の先生がニコニコしながら一緒にいる姿を見ることで、子どもは安心して園に慣れ、楽しんで園生活を送る、ということにつながっていきます。

新しい環境に慣れるまでの一時的な状態です

子どもにとって慣れない場所や人などの環境に入っていくのは、とても不安です。新しい環境に慣れるまでの一時、焦らず、園の先生と連携を取りながら見守ってあげてください。

安心感を与える関わりかたを

「離れるときは笑顔で短い時間で!お迎えでたくさん抱きしめる!」を繰り返しましょう。不安や寂しい気持ちを短時間で切り替えられるようになり、いつでもギュッと抱きしめてもらえる、思いっきり愛してもらえるという安心感を得ることで、自分一人で新しい世界に踏み出して行けるようになります。また、家ではぐずらなくても一人にせず、一緒に遊んだり話をしたりして関わる工夫をしましょう。家で充分かまってもらい満足してくると、心はぐんと強くなります。焦らず、幼稚園に付き添い、家でもたっぷり遊んでみましょう。それでも心配が続いたら園や専門機関に相談してみてください。

子どもが不安そうにしていると、親も不安になってしまいますね。でも、園の中では、園生活のプロである先生に安心してお任せしましょう。その気持ちが子どもにも伝わり、子ども自身が安心して過ごせるようになれることでしょう。子どもによっても、すぐに園生活に慣れる子と、数か月かけてようやく慣れる子がいるので、時間がかかる場合は、親も焦らず見守れると良いですね。

カテゴリー