浜松で子どもをすくすく育てるためのQ&Aサイト

トップ悩みから探す生活母乳やミルクをよく吐く

母乳やミルクをよく吐く

授乳後、母乳やミルクをよく吐きます。どうすればいいでしょうか。

この頃の赤ちゃんについて

赤ちゃんは寝ている姿勢が多いことや、胃の容量が大人に比べて小さいこと、入り口がゆるいなどの形の特徴があるため、動くことなどにより、吐きやすい状態にあります。

哺乳時に空気を一緒に飲み込むこともあり、大人に比べ逆流防止機能も未熟なので、生後3か月くらいまでは、授乳のすぐ後などによく吐きます。また、鼻と口は奥でつながっているので、鼻からも母乳やミルクが出てくることがあります。

こんな工夫をしてみよう

吐く量が少しで、機嫌がよく、体重増加も良好でしたら心配ありません。授乳後にげっぷをさせてください。胃の中の空気やガスが、口から自然に排出されるため、吐くことが少なくなります。ただ、げっぷをさせても吐くことを完全に防止することはできません。吐いた物を誤飲させないよう、授乳後、少し長めに抱っこしてから寝かせてみたり、寝かせるときにバスタオルを敷くなどして上半身を少し高くして寝かせてみてください。

参考文献 26

母乳の出る勢いが強い場合や、ミルクが適量よりも多すぎた場合なども、吐く原因として考えられます。ミルクの量を調整することなども、試してみてください。

吐き方が噴水のように激しかったり、元気がない、食欲がない、機嫌が悪いなどの様子や、吐いた物が赤色(血色)や緑色など哺乳と異なる場合は、かかりつけ医の小児科の受診をしましょう。

『出生連絡票』は送りましたか?産後、助産師や保健師が自宅を訪問して、さまざまな不安や悩みのアドバイスをしてくれます。もちろん、「げっぷをうまく出させることができない」なども、遠慮なく聞いてみましょう。

カテゴリー