浜松で子どもをすくすく育てるためのQ&Aサイト

トップ悩みから探すからだ寝返りの練習はどのようにする?

寝返りの練習はどのようにする?

寝返りの練習はどのようにしたらいいのでしょうか。

この頃の赤ちゃんについて

首がすわり、腰まで徐々に運動機能が発達すると、4~5か月ごろに寝返りをします。

こんな工夫をしてみよう

柔らかくて顔や体が沈むような布団の上だと体を動かしにくいので、少し固めのマットでやるといいですね。次の順番で練習してみてください。

  1. 赤ちゃんの好きな方向はどちらでしょうか。普段、顔は右左どちらを多く向いていますか。赤ちゃんが寝返りしやすい方向を確認して、そちらに顔を向けてください。
  2. 寝返りする向きと逆の足を持ち上げ、持ち上げた足を、寝返りをする向きの足の上に置きます。そして、足を交差させる・そのまま回転するように腕や足などをサポートしながら寝返りさせます。
  3. 身体の下になっている腕を抜いてあげてください。

寝返りの練習

寝返りができるようになる時期には個人差があります。体重の多い赤ちゃんは、苦手なこともあるようです。無理やり練習しないで、親子の遊びのひとつとして、「やってみようね」と声をかけながら、練習してみるといいですね。

同月齢の子どもよりも、早く何かができるようになるとうれしくなりますが、早くできることばかりが良いわけではありません。寝返りできそうな体制になるのになかなかできないのも、発達過程のひとつです。何度も何度も繰り返すことが、その赤ちゃんのペースであり、必要なトレーニングなのかもしれません。少しくらい同月齢の赤ちゃんより遅くても、いつか挽回できる時が来るかもしれません。

それでも心配な場合は、お住まいの区の健康づくり課の保健師に相談しましょう。

カテゴリー