浜松で子どもをすくすく育てるためのQ&Aサイト

トップ悩みから探す気になる行動勝負ごとで負けると感情が抑えられない

勝負ごとで負けると感情が抑えられない

かけっこで一番になれなかったら泣いて怒ります。ゲームでも負けそうになると途中で怒って投げ出したり、じゃんけんで負けただけでも泣いたり怒ったりしてしまうので、勝負事ができません。もうちょっと大きくなったらわかるようになるのでしょうか。

成長の一過程です

悔しいという気持ちの芽生えですね。大人は、競争や勝負事は「勝つこともあれば負けることもある」という考えが普通ですが、まだそのことを理解するまでに至らない子どもは、自分が勝つイメージしかないまま、実際にかけっこなどをして負けてしまうと、自分のイメージと異なるため、感情があふれ出して泣いたり怒ったりしてしまうのでしょう。

まずはそのまま受け止めて

子どもが競争や遊びで負けそうになった、あるいは負けて泣いたり怒ったりしたときの親の基本的な姿勢は「受け止める」ことです。むしろ、悔しい気持ちを親が受け止めることによって「次また頑張ろう」「練習してみようかな」と前向きな気持ちになります。
また、悔しい気持ちに共感した後は、たとえ子どもが泣いていても、少しその場から離れて見守ったり、他の活動に移ったりしていきましょう。次第に気持ちを切り替える方法を体得し、感情をコントロールする方法も身に付けていきます。

負けて悔しがるのも、負けてもへっちゃらなのも、度が過ぎれば気になるポイントですよね。でも、子どもの個性ですから、上手につき合って伸ばしていければいいですね。

それでも心配なときは、ひとりで悩まず、お住まいの区の健康づくり課の保健師に相談しましょう。

カテゴリー