浜松で子どもをすくすく育てるためのQ&Aサイト

トップムービーギャラリーどうする?イヤイヤ期

どうする?イヤイヤ期

イヤイヤ期と上手につきあうコツ(2~3歳)

『イヤイヤ期』は子どもの自立の第一歩です

イヤイヤ期は、どの家庭でも大変な時期です。「イヤ」は「自分の考えを言いたい、分かってもらいたい」という子どもなりの意思表示で、自立の第一歩です。この時期に十分に反抗したり自己主張したりすることは大切なことです。対応を工夫して、おおらかな気持ちでに乗り切りましょう。

  1. イヤイヤ期の子どもは、何でも「イヤ」と言います。嫌でないことでも「イヤ」と言うものだと認識しておきましょう。
  2. イヤイヤ期になると、今までスムーズに受け入れられていたことでも「イヤ」となります。子どもの成長に合わせて、親のかかわり方も工夫して変えていきましょう。
  3. 子どもが「イヤ」と言っていることは、絶対にやらせなけばいけないことでしょうか? 親が譲ってあげられる時は、「じゃあ、やらなくていいよ」と譲ってあげましょう。「イヤ」を受け止めてもらえると、子どもの自立心や頑張る心が育ちます。
  4. 時間がない、危険をともなうなど、どうしても譲れない時は、親が毅然とした態度を示し、少しの間がまんさせましょう。
  5. 出来たこと、頑張ったことは、しっかりとほめてあげましょう。