浜松で子どもをすくすく育てるためのQ&Aサイト

トップ悩みから探す生活うんちの回数が多く、お尻がかぶれる

うんちの回数が多く、お尻がかぶれる

うんちの回数が多く、お尻が赤くなったりかぶれたりします。どうすればいいでしょうか?

蒸れ・汚れの回数が多いとかぶれやすくなります

おむつかぶれは、おむつや排泄物が触れる部分の肌が赤く炎症を起こし、発疹ができたり、ひどくなると真っ赤に腫れてただれたりする状態のことをいいます。

赤ちゃんの皮膚は薄く、皮脂の分泌量が少ないので、外的な刺激に敏感です。おむつの中で、汗や排泄物の水分で肌がふやけると、おしっこやうんちの尿素、酵素、細菌や、擦れが刺激となり、かぶれてしまいます。

うんちの回数が多いと、それだけ肌が蒸れたり汚れたりすることが多く、おしりふきなどの刺激も多くなるので、よりかぶれやすい状態になります。

おしりを清潔に保ち、おむつは湿気をとってからつけて

おむつかぶれを予防・改善するには、おしりを清潔に保つこと、水分をしっかり拭き取り、湿気をとってからおむつをつけること、汚れが肌につきにくくすることが基本です。

そのためには、以下のポイントがあります。

  1. うんちの汚れがひどい場合は、座浴やシャワーで洗い流しましょう。座浴とは、洗面器等にお湯を入れ、赤ちゃんのお尻だけをお湯につけてあげる方法です。 座浴が大変な場合は、霧吹き等でぬるま湯をかけ、やさしく拭き取るのも効果的です。
  2. 洗い流した後は、柔らかいタオルで押さえるようにして水分を拭き取り、なるべく肌を乾かしてからおむつをつけましょう。
  3. ベビー用のオイルやワセリンをおしりに塗って、油分のバリアを作り、肌を刺激から守る方法もあります。ただし、それらが赤ちゃんの肌に合わないこともありますので、初めは少量使ってみて、異常を感じたらすぐに中止しましょう。

かぶれが広範囲になったり、ただれてしまったり、赤ちゃんが機嫌が悪いことが続く場合は小児科または皮膚科に受診をしましょう。

子どもの世話について、身近に相談できる人がいない場合は、保健センターなどで保健師などの専門家に相談することができますから、気軽に利用してみてくださいね。

カテゴリー