浜松で子どもをすくすく育てるためのQ&Aサイト

トップ悩みから探すからだ顔に赤い発疹・頭にかさぶたができる

顔に赤い発疹・頭にかさぶたができる

生後2か月の赤ちゃんです。顔に赤い発疹があったり、頭にかさぶたのついたものができています。どうしたらいいですか。

この頃の赤ちゃんについて

赤ちゃんの皮膚は、大人に比べ薄くてバリア機能も弱く、肌のトラブルがおこりやすい状態にあります。皮脂の分泌が盛んで、毛穴が未発達なので、分泌された皮脂が毛穴に詰まりやすいため、新生児ニキビや乳児脂漏性湿疹(顔や頭に黄色っぽいかさぶたやフケのようなものが出てくる)がよく見られます。炎症を起こして赤くはれたりじゅくじゅくしたりすることもあります。

また、生後2週間頃からは、かぶれやあせも、アレルギー性の発疹などさまざまな発疹が出やすくなります。乾燥やかゆみを伴い、掻くことにより赤くなり、顔だけでなく耳切れし、首や体に広がることもあります。

毎日のケアで肌を清潔に

基本はスキンケアです。肌を清潔に保ちましょう。毎日の入浴時に、赤ちゃん用の刺激の少ない石鹸をつけて、やさしく洗いましょう。その後、お湯を含ませたガーゼなどでやさしく拭い、余分な皮脂を落とすようにし、しっかり洗い流しましょう。石けんはよく泡立てて洗い、すすぐときは石けん分を手で大まかに流し、あとはシャワーなどで弱い水流にして、よく洗い流してください。 顔を洗うときは、目に石鹸が入らないようにしましょう。

参考文献 27

「乳児湿疹」は、いずれ治るものなので、あまり気にせず、清潔を保つことが大切です。気になって何度も触ってしまうことで雑菌が入ってしまうことがあるので注意しましょう。かさぶたが取れたところからジュクジュクしてきて心配になったら、病院に行ってみるのもよいですよ。

脂漏性湿疹の場合、かさぶたのついたものが取れにくい時は、お風呂でふやかすと取れやすくなります。また、赤ちゃんが自分の爪で傷つけないよう、爪の手入れをしましょう。しかし、様子を見ても改善しない、または悪化する湿疹の場合はかかりつけ医の小児科または皮膚科に相談しましょう。

カテゴリー